家にある飲まないお酒を売りませんか?

絵画を売る時

取り扱いについて注意したいこととは

絵画を売る時に注意したいことの一つに、取り扱い方があります。 これは保管の仕方や持ち運び方などとは別に、絵画そのものの扱い方のことです。 というのも絵画の買取を希望している人の中には、「少しでもキレイな状態の方が高値がつくだろう」と掃除をしようとしてしまう人がいるのです。 額のみの掃除ならば問題ないのですが、絵画そのもののホコリを払おうとしたり、拭いてしまったりというのは逆に傷める結果となってしまいます。 本人は軽くホコリを払うだけのつもりでも、大ダメージを与えてしまう事も少なくないのです。 絵画というのは繊細なものですので、どんなに汚れていても取り扱いはプロに任せることが大切となります。 痛めてしばえば、そのぶん買取価格というのは低くなってしまうのです。

少しでも高値で売買するための工夫とは

絵画を売る際には、少しでも高値で売りたいと思うのは人間の心情でしょう。 そこで通常よりも高値で売るためにしたい工夫がいくつかあります。 その1つは、売る時期の見極めです。 これは特に何をするというわけではなく、買取業者の動向を見るだけでOKなのです。 というのも買取業者では、不定期に通常よりも数%ほど高値で買取を行う時期を設けていることが多いのです。 これはホームページや店舗の前で告知していることが殆どですので、簡単に情報を手にいれることが出来ます。 当然、この時期に売買した方が高値で売れるというわけです。 また、絵画の種類にも注目をした方が良いでしょう。 買取業者によって、油絵に強かったり水彩画のみの取り扱いであったりと特徴がありるところもあります。 ですので業者の得意としている種類のものを持ち込んだ方が、高値がつく可能性が高いのです。

ページの上部へ