家にある飲まないお酒を売りませんか?

売れる中国切手

中国切手と中国経済の関係

切手のコレクションをしている人は、自分のコレクションがいくらくらいの値打ちがあるのか気になることもあると思います。特に今は、中国切手の価値があり、中国切手専門の買取業者もあるくらいです。また、査定と買取については、以前は事業所に足を運んで行ってもらうのは通常でしたが、最近では郵送して査定、買取をしてもらえるケースが多くなってきました。中国切手買取屋という業者では、郵送でも受け付けており、シートになっている切手はもちろん、1つ1つバラバラになってる切手でも、郵送すれば査定してもらえるようです。また、買い取られた後の中国切手は、中国で取引されます。そのため、買取価格は中国経済に影響されます。今の中国経済は非常に好調ですので、買い取りに出すなら今がチャンスでしょう。

買取で注意しなければならない点

この中国切手ですが、プレミアムとそうでないものに区分され、プレミアムは1960年から1985年までのものに該当します。例えば、1980年の年賀切手の赤猿については、未使用の美品の場合、15.7万という値がつきます。ただ、注意しなければならないのは、折れやしわ、ヤケで査定金額が低くなってしまいます。また、未使用で古ければ値がつくというものでもないので、使用品で美品のものなど、一度査定に出してみてはいかがでしょうか。その他に、中国切手を買取に出す際に、注意しなければならない点は、買取に出す時期です。12月から2月は、年末年始や春節のために流通が減ることで、買取価格の相場も下がる傾向になります。時期にも注意して中国切手の買取を検討してみましょう。

ページの上部へ